トップページ / こじおだより

こじおだより

2017.12.26おいしいもの

心も体もぽっかぽか!福岡名物「旬彩うきは水炊きプラン」のご紹介

こんにちは、今年も残すところあとわずかとなりました。おかげさまで「うきは 小塩の灯り」も、オープンからもうすぐ1年目を迎えます。これからも心のふるさととして皆様にとって安らぎの宿となりますよう、精一杯努めてまいります。

さて、本日は寒い冬の夜も体の芯からあったまる新サービス「旬彩うきは水炊きプラン」についてご紹介いたします。

お肉やお野菜、そして調理道具などの準備を一切必要とせず、宿に到着してすぐにバーベキューが楽しめる「旬彩バーベキュープラン」がおかげさまで好評だったので、冬にもこうしたサービスをご提供できないかと考えて実現いたしました。最近はだいぶポピュラーになりましたが、「水炊き」は福岡の博多で誕生し、九州や関西地方に広がっていった冬の食卓に欠かせない鍋料理なんです。

食材の配送は「旬彩バーベキュープラン」同様に“旬菜弁当様がご担当。調理道具はあらかじめ私どもが準備しております。写真は4名分の量です。この日は撮影ですぐに調理するため大皿盛りで届けていただきましたが、実際は鮮度を保つために冷蔵庫に保存できるサイズに小分けして配達されます。

野菜だけでもこのボリューム!春彩弁当様はしいたけの原木栽培も行ってらっしゃるので、お鍋に欠かせない新鮮なしいたけやヒラタケが自前で調達できるそうです。大人の手のひらほどの大きさに育った立派なヒラタケにビックリです。

この日のお野菜は、白菜・ニンジン・わかめ・長ネギ・水菜・しいたけ・ヒラタケ・しめじ・えのき。海産物以外は地元うきは市でとれたものを使っています。野菜のラインナップは基本的に固定ですが、仕入れ状況によって変更される場合もあるそうです。

水炊きの旨みに欠かせない鶏肉を中心に、お豆腐・えび・鶏のすり身・葛きりなどが盛り付けられています。ゆずはつけだれ用の醤油に搾って、ポン酢だれにするためのもの。薬味として、旬彩弁当様自家製の柚子こしょうもついています。ほんの少しつけだれに溶かすだけで爽やかな風味と辛みが効いて、体がポカポカになるお鍋に欠かせない隠し味です。シメ用の米粉のうどんや棚田米のごはんもついてますので、鶏の旨みの効いただしで雑炊にするのもオススメですよ!

具材を入れて特製だしを注いだら、フタをして煮えるのを待ちます。水菜は煮すぎるとクタクタになってしまいますので、あとからさっと湯通しするだけでもシャキシャキとした食感が楽しめて美味しいですよ

うきは市内の養鶏家から仕入れる地鶏は、なんとその日の早朝にさばいたものをご用意してくれるそうです。水炊きのおつゆにたっぷりと旨みが行き渡り、お肉としてもぷりっぷりの食感が楽しめます。ちなみに鶏のすり身には柚子やしょうがのみじん切りが入っており、やわらかくてスパイシーな風味の肉団子も絶品です。

あったか~いお鍋を囲んでの食事に、自然と笑みがこぼれます。具材を食べ終えたあとの旨みたっぷりのだし汁でつくる雑炊はまた格別!そのままでもボリューム満点ですが、近くの道の駅でお好みの野菜などを購入してさらにゴージャスに楽しむのもアリです。冬のご宿泊の際には、ぜひこの「旬彩うきは水炊きセット」で、お友達やご家族との心も体も温まるひとときをお楽しみください。

気になる「旬菜うきは水炊きプラン」はこちらよりどうぞ

トップへ

予約・お問い合わせ