トップページ / こじおだより

こじおだより

2017.06.21うきはの自然

うきは小塩の灯りから見える夏の星空

こんにちは。九州北部の梅雨入りが随分と前に発表されましたが、今年は空梅雨のようで、小塩にはまだほとんど雨が降っておりません。

さて、今年も七夕の時季が近づいてまいりました。織姫と彦星は、無事に天の川を越えて会うことができるのでしょうか?

 

小塩は標高150メートルほどの場所に位置しており、周りには人工の光も少なく、綺麗な星空を楽しむことができます。

 

都市部では街の明かりで天の川を見ることは難しいですが、小塩では天候条件が合えば観測することができます。

果たして、今回は見ることができるでしょうか…?

 

福岡県で星空といえば八女市の星野村が有名ですが、うきは・小塩もそれに負けず劣らず綺麗な星を見ることができると自負しております。

 

さらに、うきは小塩の灯りの目の前を流れる川には蛍が飛び交っており、満天の星空と共に楽しむことができます。

 

こちらは、まだ明るいうちに撮影したうきは小塩の灯りの写真です。

辺り一面を緑に囲まれ、とても気持ち良い空間です。

さて、これが夜になると…。

 

 

 

 

都市部では見ることのできないような綺麗な星空を見ることができます!

夜空にきらめく星たちは、いくら眺めても飽きることがありません。

これから夏に向けて暑くなっていきますが、夜は冷え込むこともありますので、星を見る際は風邪など引かれないよう十分に注意されてくださいね。

どちらに目を向けても、雄大な自然とこぼれんばかりに輝く星空を見ることができます。

 

また、綺麗な天の川も写真に収めることができました!

写真中央を横切る白い筋がご確認いただけるかと思います。

 

また、うきは小塩の明かりの下を流れる川に目を向けるとそこには蛍の姿が。

小塩の蛍がどのようなものか気になる方は、ぜひこちらもご覧ください。

手作り灯篭と蛍のあかり「小塩ホタル祭り」

 

ところで、天の川はたくさんの星の集まりだということはご存じでしょうか。

地球は銀河系の中にあります。この内側から見た、銀河系の特に星が密集している部分が天の川の正体なのです。

銀河系は、端から端までなんと10万光年もあります。光の速さで進んでも、10万年かかってしまうのです。天の川として見える星たちも、地球からずっと遠い位置にあります。

 

地球から月までの距離はおよそ38万キロメートル。光は1秒間に30万キロメートル進みますので、わずか1秒と少しで地球まで光が到達します。

そう考えると、天の川がいかに遠いところにあるか、宇宙がいかに広大かを思い知らされますね。

 

うきは・小塩で、星空を見ながら宇宙と天体について考える夜を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

トップへ

予約・お問い合わせ