トップページ / こじおだより

こじおだより

2017.04.23おいしいもの

地元だけでなく隣県にも愛される「パン工房 ミゲル」

こんにちは。うきは市では、2月11日から43日まで「筑後吉井おひなさまめぐり」を開催していました。吉井白壁地区の建物内でさまざまなおひなさまが展示されるこのイベントの期間、市外から多くの皆様がお越しになります。町歩きにもちょうどよい季節ですので、ぜひ機会があれば遊びにお越しくださいね。

さて、今回ご紹介しますのは、創業から14年、地元に根ざしたベーカリー「パン工房 ミゲル」です。国道210号線から一の瀬焼き窯元へ向かう裏路地にあるお店ですが、手づくりの味を求め隣りの大分県日田市からもお客さんが来られます。

かわいらしい店内には、さまざまなパンが所狭しと並べられています。

定番の菓子パンにしっかりした食感のハードパン、サンドイッチや焼き菓子のコーナーも。

以前はパンを開発する会社に勤務されていたというオーナーの矢冨さん。実家に戻った際、1階の店舗部分をパン屋に改装してお店を始められたそうです。パンの開発から製造まで手がけられる矢冨さんをはじめ、スタッフは皆女性ばかり。サンドイッチには野菜をたっぷり使ったりと、女性ならではの思いやりを商品づくりにも生かされているそうです。

お店で一番人気の塩ぱん(写真左下)。いろいろなパン屋を食べ歩かれているお客様から「ここの塩ぱんがおいしい!」といわれるほどの逸品。カリッと焼き上がった生地にほどよい塩気があり、シンプルながらも飽きのこない美味しさです。

有機栽培のお茶で有名な「新川製茶」の抹茶を生地に練り込んだ「オーガニックお茶ぱん(写真右上)」は地元の幼稚園のおやつとして大好評!爽やかなお茶の香り、そしてほんのりとした甘みが感じられます。

パンづくりにおける矢冨さんのこだわりは、できるだけ地元の農産物を使うこと、なるべく添加物を使わないこと、そして食べやすいパンをつくることの3つ。「家族が安心して食べられるものだからこそ、お客様にも自信を持ってオススメできる」パンづくりを心がけていらっしゃいます。

「うきは 小塩の灯り」からもほど近い場所にあるパン工房 ミゲル。当宿にお越しの際は、朝食やお夜食用にこちらで手づくりパンをお買い求めになってみていかがですか。

トップへ

予約・お問い合わせ