トップページ / こじおだより

こじおだより

2017.04.15うきはの自然

桜のトンネルで有名な流川桜並木に行って来ました

こんにちは。すっかり暖かくなり、お花見にちょうどよいシーズンになりましたね。今回はうきは市の中でも桜の名所として名高い「流川(ながれかわ)桜並木」をご紹介します。

今年の九州地方は桜が満開を迎える時期に悪天候が続くという不運に見舞われましたが、ちょっとだけ晴れ間が覗いた時間を見計らって出発。現地はあいにくの曇り空でしたが、満開の桜を一目見ようと多くの人で賑わっていました。

広場には屋台も出ていて、ちょっとしたお祭り気分に。

巨瀬(こせ)川南岸の土手を彩るように約2kmにわたって植えられた桜は、その数およそ1,000本。遊歩道の両脇に等間隔で植えられた桜が満開を迎える頃には、鮮やかな桜のトンネルが現れます。

桜の種類はソメイヨシノ。3月は土手を菜の花が彩り、桜の開花が早ければ色鮮やかなコラボレーションが見られます。眼前の巨瀬側を望む景色や、南に広がる耳納(みのう)連山との取り合わせも美しく、天気が良い日は写真撮影に絶好の名所です。

「うきは 小塩の灯り」からも車で15分程度で行ける無料の観光スポットですので、ぜひ来年の桜の季節にお立ち寄りになってみてはいかがでしょう。

残念ながら今年の桜の見頃は終わってしまいましたが、吉井地区では早くも鯉のぼりが登場しました。街のいたるところに飾り付けられた鯉のぼりが、皆様をお出迎えしてくれますよ。

トップへ

予約・お問い合わせ