トップページ / こじおだより

こじおだより

2017.04.04うきはの文化

季節のタルトと焼き菓子のお店「miel cake cafe」

こんにちは。春は生命の息吹を最も実感できる季節。ここ小塩もわらびやぜんまいなどの山菜狩りが楽しめる時季となりました。旬の食材を生かしたお料理は味も格別。最近はおひたしや炊き込みごはんで、春の味覚を楽しんでいます。

さて、本日ご紹介いたしますのは、うきは市吉井白壁地区の中心部、かつての筑後街道沿いにあるスイーツのお店「miel cake cafe」です。

オーナー兼パティシエの中野恭輔氏は、神奈川のケーキショップで8年間修行し、実家のあるうきはへ帰郷。創業にあたり花屋や雑貨屋が入っていたという長屋の一部を改装し、タルト専門店を開かれたそうです。

白壁に黒塗りの格子戸という和モダンな赴きある外観ですが、いざ入店すると白を基調としたインテリアでコーディネートされたお洒落な空間が広がります。

タルト専門にした理由は、生菓子の中でも特に鮮度による美味しさを実感いただけるから、と語る中野氏。スイーツショップでありながらイートインスペースを広くとってあるのも、早朝仕込んだタルトをできるだけ新鮮なうちに召し上がっていただきたいからだそうです。焼き菓子も脱酸素剤を極力使わず、美味しく召し上がっていただくために賞味期限も10日~15日ほどとなっています。

季節限定商品も含め、タルトやケーキが10種類、パウンドケーキやクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子は常時20種類ほど取り揃えておられます。

いちごや桃といった、うきはの果物を使った自家製ジャムも販売。

パウンドケーキはタルトとともに中野氏が大切に扱っておられる商品で、贅沢に使用したバターと旬の果物の芳醇な香りがたまらない、お土産にもぴったりの逸品です。

兵庫県丹波産の栗や黒豆など、よい食材であれば県外からも取り寄せて惜しみなく使うのも焼き菓子に対する中野氏のこだわり。

うきはの果物をたっぷり使った「フルーツタルト」。瑞々しくて甘酸っぱい新鮮なフルーツとサクサ

クのタルトの食感が絶妙です。

地元うきはの味覚を最高の状態で味わっていただきたいという中野氏のこだわりが感じられるmiel cake cafe。お店で味わうつくりたてのタルトはリピーター必至なので、吉井地区散策の機会にはぜひお立ち寄りくださいね。

トップへ

予約・お問い合わせ